千早城(Chihaya-Castle)

千早城(Chihaya-Castle)
千早城址
千早城址

千早上は元弘2年/正慶元年(1332年)に楠木正成により築城されました。
本城である上赤坂城の詰城として築かれました。

南北朝時代を描いた「太平記」でも描かれる「千早城の戦い」の舞台にもなった城で、
激しい籠城戦が行われましたが落城しなかった堅固な城でした。

しかし明徳3年(1392年)に北朝方の畠山基国に攻められ、落城したことにより廃城となりました。

お城の豆知識

  • 日本100名城の1つに数えられる(55番)
  • 楠木正成が築いた城「楠木七城」の一つ
  • 金剛山の支脈の先端に築かれた山城

城データ

【お城情報】
名称 千早城(ちはやじょう)
Chihaya-Castle
別名/愛称 金剛山城(こんごうさんじょう)
所在地 〒585-0051 大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早
(旧:畿内和泉国)
築城年 元弘2年/正慶元年(1332年)
築城者 楠木正成
主な城主 楠木氏
城の形式 連郭式山城
指定文化財 国の史跡(昭和9年/1934年 指定)
天守の現状 城跡

マップ

観光情報

千早城跡はいつでも自由に観光できます。
バスまたは麓にある駐車場を利用した車が便利です。

100名城スタンプは、金剛山麓「まつまさ」にあります。

【お城営業案内】
開館時間 いつでも
入場料 なし
休館日 なし
その他 最新情報は公式ページをご覧ください。
国史千早城跡(千早赤阪村公式サイト)

近隣の観光スポット

  • 千早神社
  • 大阪府民の森 ちはや園地
  • 金剛山

関連サイト

大阪府カテゴリの最新記事