姫路城(Himeji-Castle)
姫路城「大天守」
姫路城「大天守」

姫路城は美作国守護大名・赤松貞範により築城されたのが始まりとの説が有力です。
安土桃山時代、池田輝政らによって現在のような大規模な城となりました。

太平洋戦争時の空襲にも奇跡的に焼失を免れて今日まで姿をとどめています。
現存12天守の1つで、昭和6年(1931年)には国宝にも指定されています。

お城の豆知識

  • 日本100名城の1つに数えられる(59番)
  • 天守は国宝に指定されている
  • 世界遺産に登録されている(平成5年/1993年 登録)
  • 白壁の天守が白鷺が羽ばたいているように見えることから白鷺城とも呼ばれる
  • 戦の舞台となったことは一度もない
  • 扇の勾配の高石垣は必見
  • 西国の大名を押さえる目的で築城された

城データ

【お城情報】
名称 姫路城(ひめじじょう)
Himeji-Castle
別名/愛称 白鷺城(しらさぎじょう)
所在地 〒670-0012 兵庫県姫路市本町68
(旧:山陽道播磨国)
築城年 正平元年/貞和2年(1346年)
天正8年(1580年)
廃城年 明治4年(1871年)
築城者 赤松貞範
主な城主 豊臣氏、池田氏、本多氏、松平氏
城の形式 渦郭式平山城
指定文化財 国宝(大小天守と渡櫓等8棟)(昭和26年/1951年 指定)
重要文化財(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)(昭和6年/1931年 指定)
ユネスコ世界遺産(1993年/平成5年 登録)
天守の現状 現存天守

マップ

観光情報

姫路城周辺は姫路城公園として整備されています。
博物館や美術館など見どころがたくさんあり、1日かけて観光できます。

平成27年(2015年)に平成の大修理が完了して、美しい姿を見ることができます。

【お城営業案内】
開館時間 9:00~16:00(閉門は17:00)
入場料 大人(18歳以上):1,000円 小・中・高校生:300円 小学生未満:無料
※団体割引、障がい者割引あります。
※好古園との共通券もあります。
休館日 12月29日・30日
その他 最新情報は公式ページをご覧ください。
https://www.city.himeji.lg.jp/castle/0000007671.html

近隣の観光スポット

  • 好古園
  • 姫路護国神社
  • 姫路市立動物園
  • 姫路市立美術館
  • 兵庫県立歴史博物館
  • イーグレひめじ
  • 姫路市立水族館

関連サイト

兵庫県カテゴリの最新記事