岩村城(Iwamura-Castle)

岩村城(Iwamura-Castle)
岩村城址
岩村城址

岩村城は承久3年(1221年)頃、美濃国遠山荘の地頭であった遠山景朝によって築かれたのが始まりとの説が有力です。

岩村城には織田信長の叔母「おつや」の悲しい物語が有名です。

天守は明治の廃城令にて破却されてしまいました。

お城の豆知識

  • 日本100名城の1つに数えられる
  • 日本三大山城のひとつ(他は、高取城、備中松山城)
  • 標高717mの城山山上にそびえる山城
  • 「女城主おつやの方」の物語が有名

城データ

【お城情報】
名称 岩村城(いわむらじょう)
Iwamura-Castle
別名/愛称 霧ヶ城(きりがじょう)
所在地 〒509-7403 岐阜県恵那市 岩村町城山
(旧:東山道美濃国)
築城年 1221年(承久3年)
築城者 遠山景朝
主な城主 遠山氏、森氏、大給松平氏、丹羽氏
城の形式 梯郭式山城
指定文化財 県指定史跡
天守の現状 城跡

マップ

観光情報

岩村城はいつでも自由に観光できます。

近隣の観光スポット

  • 城跡公園
  • 岩村歴史資料館
  • 岩村町本通り

公式サイト

岐阜県カテゴリの最新記事