高天神城(Takatenjin-Castle)

高天神城(Takatenjin-Castle)
高天神城「本丸跡」
高天神城「本丸跡」

高天神城は16世紀初頭に築城されましたが詳しいことは分かっていません。

戦国時代末期に武田信玄・勝頼と徳川家康が争奪戦を繰り広げたお城として有名です。
天正9年(1581年)に廃城となっています。

お城の豆知識

  • 続日本100名城の1つに数えられる(147番)
  • 132mの鶴翁山山頂に築かれた山城
  • 「高天神を制するものは遠州を制する」といわれた要所の城
  • 「犬戻り猿戻り」と呼ばれる細い尾根道が有名

城データ

【お城情報】
名称 高天神城(たかてんじんじょう)
Takatenjin-Castle
別名/愛称 鶴舞城(つるまいじょう)
所在地 〒437-1435 静岡県掛川市上土方嶺向
(旧:東海道遠江国)
築城者 不明
廃城年 天正9年(1581年)
主な城主 福島氏、小笠原氏、岡部氏
城の形式 山城(連郭式)
指定文化財 国の史跡(昭和50年/1975年 指定)
天守の現状 城跡

マップ

観光情報

高天神城はいつでも自由に観光できます。
交通の便が悪い場所にあるため、自家用車やタクシーでの観光がおすすめです。
(無料駐車場完備)

【お城営業案内】
開館時間 いつでも
入場料 なし
休館日 なし
その他 最新情報は公式ページをご覧ください。
高天神城跡(掛川市公式サイト)

近隣の観光スポット

  • 大浜公園
  • 本勝寺(あじさい寺)
  • 黒田家代官屋敷資料館
  • ブルーベリーの郷
  • 潮騒橋
  • 大須賀物産センター サンサンファーム

関連サイト

静岡県カテゴリの最新記事